最新技術によるインプラント治療

Home / インプラント / 最新技術によるインプラント治療

ガイデッドサージェリー

ガイデッドサージェリー

安全・確実な治療を実現する ガイデッドサージェリー

安全性と確実性、ピンポイントで侵襲性の少ない治療が可能なシステムがGuided Surgeryです。


ガイデッドサージェリーとは簡単にいえば、シミュレーション通りにインプラント手術をおこなうために医師が使うサポートの役目を担うガイドになります。そのガイドとは口腔内にはめるテンプレート形状で、そのテンプレートには危険が及ばないようにストッパーの役割があります。どんなに優れた歯科医師でも”神の手”は持っていません。インプラントは骨内の見えない部分に異物を入れるものですので、事前のシミュレーションをどれだけ確実に実現させるかが重要であり、フリーハンドではそれは実現できません。そのため、当院では2003年からこのシステムを導入し、国内有数の治療実績を誇るまでになりました。患者様の安全性の確保に全力で取り組んでいます。

ガイデッドサージェリーの進め方

歯科用CTによる精密な診査と診断

歯科用CTによる精密な診査と診断

事前の診査と診断は正確な手術をするためにはかかすことのできないステップです。当院では最新の歯科用CTを完備しており、3次元的に神経・血管の位置などを確認することが可能です。

専用ソフトによるシミュレーション

専用ソフトによるシミュレーション

シミュレーションは経験の少ない歯科医師では使いこなすことはできないシステムです。当院では熟練の経験と実績のもと、機能的、審美的なポシションへのシミュレーションを行っております。

サージカルテンプレートのオーダー

サージカルテンプレートのオーダー

この手術用テンプレートはシミュレーションデータをもとに海外でオーダーメイドに製作され日本に送られてきます。当然ながら最新医療技術ですので寸分のズレもない高精度のものです。

テンプレートを装着し手術

テンプレートを装着し手術

送られてきたサージカルテンプレートを口腔内に装着し手術を行います。この方法により、深度・角度・インプラントの径などをミスすることなく確実性の高いインプラント手術が実現します。

フリーハンドとガイデッドサージェリーの違い

インプラントは口腔内の建物

例えるなら建築物と一緒です

インプラントは口腔内の建物という考えでいけば、設計図は絶対に必要です。


この考えは、まず何十年も機能させる口腔内の異物(インプラント)は数センチのものですが口腔内には多くの神経や動脈・静脈・粘膜などが複雑に存在しています。多くのインプラントの事故はこの神経を圧迫・傷つけてしまったものです。なぜその様なことが起きるのかというと答えはシンプルです。インプラント手術とは骨を開けて手術が出来ません。骨の内部の見えない場所にドリルで穴を開けて手術をするものです。このような状況でフリーハンドにより数ミリ予定していた位置からずれただけで大事な神経等を傷つけ大事故に繋がってしまうのです。当院ではシミュレーションと手術時には予定していた位置への正確な埋入を実現させるためにサージカルテンプレートを使用しています。埋入深度のコントロールや埋入角度がシミュレーション以上にはずれませんので患者様にご不安を与えることはありません。術者としても安心して手術がおこなえる最新技術といえます。

ガイデッドサージェリーのFAQ

ガイデッドサージェリーはどこの歯科医院でもやっていますか?
答えはNOです。日本国内でガイデッドサージェリーを徹底してやっている歯科医院は非常にすくないです。現代のインプラント治療では必要不可欠ですが、シミュレーションから考えると時間が必要であったり様々な理由から普及率は低いです。
もしシミュレーションが間違っていたらどうですか?
当然シミュレーションの状況と手術当日に状況が変わっているなどのことも計算に入れて手術をおこないます。サージカルテンプレートは付けたままでなく取り外して逐一状況を確認しながらおこなっております。
費用はかかるのですか?
シミュレーションからサージカルテンプレートのオーダーまで多くのステップが必要ですので、ガイデッドサージェリーとして5万円をチャージさせていただいております。安全の観点からほぼ100%に近い患者様がガイデッドサージェリーでインプラント手術をお受けになっております。
インプラントに関して相談する

インプラント治療のご相談はメールでも承っております。お気軽にご連絡ください。