口腔外科

Home / 診療科目 / 口腔外科

口腔内の疾患を治療します

口腔内の疾患

主に親知らずの抜歯・顎関節症・口内炎などを治療します。

お口の中に異常を感じたら、すぐにご相談ください。

親知らずは、奥歯のさらに奥に生えてくる下顎第三大臼歯・上顎第三大臼歯のことをいいます。曲がって生えてくるケースが多く、アゴの細い現代人にとってはとても厄介な存在です。親知らずを放っておくと、痛みや、食べ物が挟まりやすく、しっかりと歯ブラシが届かないことから、周辺の歯がむし歯や歯周病に侵されてしまうことが多いです。本来不要な歯ですので、痛みがある、食べ物が挟まりやすいという症状の方は早めにご相談ください。 顎関節症は、口が開きづらかったり、アゴに痛みがある、噛むたびにアゴの骨が鳴るといった症状がみられます。原因としては、噛み合わせの悪さや食生活の悪さなども挙げられます。当院では、マウスピースでアゴを安静させる治療などで顎関節症の改善を図っていきます

口腔外科で多く治療する内容

お口の中は病気になりやすいものです。早期診断が必要です。

親知らずの抜歯

親知らずとは基本的に生活において必要としない歯です。親知らずが成長することで、痛みがでてくることもあります。一番のデメリットは周りの歯に悪影響を与えることです。良く散見されるのは、隙間に食べ物がつまることで、むし歯になり、長期間放置することで歯周病になるリスクもあります。親知らずが神経や血管に近いこともありますので、正しい診断の上抜歯処置を行います。

顎関節症の治療

顎関節症とは、口を開けると関節が痛む、カクカク音がする、口を大きく開けられないなど、顎関節に症状がある場合に診断される病気のことです。顎関節症の治療方法はいくつかあり、症状の進行具合やお口の状態などによって異なります。多くの症例で「クセなど生活習慣の改善および経過観察」「スプリント療法(マウスピースの装着)」あるいは、詰め物・被せものなどで噛み合わせを調整する「補綴(ほてつ)治療」を行います。それでも改善しない(見込めない)場合には、アゴを正しい位置に戻すなどの「外科治療」を行います。早めに一度当院にご来院いただき、検査を受けてください。

口腔内の腫瘍・口内炎

お口の中にできものや腫れが悪性あるいは良性でも口腔内に悪影響を与える場合には、切除します。「口内炎だと思っていて実際は悪性腫瘍だった」というケースもあるので、油断は禁物です。口腔内が痛い、いつもと違うなど気になる症状が出た場合は一度ご相談ください。

お口の中にも癌はできます。

お口の中にも癌はできます

早期発見には定期的な 検診が必要です。

予防の為には是非定期検診をお受け下さい。

単なる口内炎を思っていたら、口腔がんであったということが少なくありません。口腔がんは痛みを伴わないものが多く、特に早期がんでは口内炎と区別がつかないことがあります。口内炎は通常は長くても二週間程度で治りますが、長期持続するような場合には注意が必要です。その他、かみづらい感じや、頬、舌に動かしづらさを感じる、舌などにしびれや麻痺を感じる、首のリンパ節の腫れが3週間以上続く、などの変化が表れることもあります。


当院では症状によっては大学病院をご紹介するなど、適切な対応をいたします。

お口の健康を守るため定期的な検診にお越し下さい。

口腔外科でよくある質問

親知らずの抜歯は痛いですか?
まっすぐ生えた親知らずの抜歯は痛くありません。痛みが出てもすぐ治ります。まっすぐ生えずに横向きに生えた親知らずの抜歯は痛みを伴います。当院では極力痛みが少ないように処置の時間を最小限に行います。
歯茎が腫れて痛いです。
当院で処置は可能です。主に歯周ポケットに細菌が入ることで起きる炎症の可能性があります。歯周病のチェックと合わせて症状と実際の口腔内の状態を診て判断いたします。
顎が痛いです。
咬み合わせが良くないことが原因である可能性があります。寝ている時の歯ぎしりや日中食いしばることが多い場合、正常に筋肉が使われず、顎関節症になってしまうことがあります。顎関節症を治すための治療法はいくつかありますので、是非一度ご相談ください。

治療費は保険で定められた費用となります。

検査・実際の内容によっても異なりますので、お問合せください。

三好西山歯科クリニックに相談する

当院ではセカンドオピニオンもおこなっておりますので、歯科治療全般においてご心配な方はお問合せください。