予防歯科

Home / 診療科目 / 予防歯科

歯を大切に守るための治療 予防歯科

予防歯科

治療から ”予防”に変わってきた歯科医療

治療にかけるお金をかけないための予防歯科

歯科先進国である欧米諸国では、歯科医療の持つ役割が“治療”から“予防”に変わっています。 日本でも予防歯科を受ける方は徐々に増えていますが、 日本人の多くは未だに「歯科医院は歯が痛くなってからいくところ」だと考えています。 しかし、「歯が痛くなってから治療する」という考え方では、歯の寿命は縮んでしまうでしょう。 虫歯や歯周病で溶けてしまった歯や顎の骨は元には戻りません。 一生自分の歯で食事をするためには歯への意識を高く持ち、 治療はもちろん予防もしっかりと行うことが大切です。 また25歳以上の日本人の約8割は歯周病だとされています。 歯周病は自覚症状に乏しい病気です。 「痛くなってから歯科医院に行こう」という考えでは、発見が遅れ、治療も遅れてしまいます。 中には手遅れになっていることも……。 歯の健康を守るためには、歯科医院で定期検診を受けることが大事です。 予防歯科を受けることは歯を長持ちさせる秘訣です。

普段の歯磨きではおとせない汚れを落とすPMTC

PMTC

PMTCをすることでむし歯の予防効果が70倍になります。

PMTCは予防歯科においてかかすこと出来ない治療です。

PMTCは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」を略したもので、 「専用の機材を用いた歯科衛生士・歯科医師による歯のクリーニング」を指します。 専用の機材とフッ素入りペーストを使用し、 虫歯や歯周病の原因である「バイオフィルム(バイ菌のかたまり)」を除去していきます。 PMTCはあくまでも「歯のクリーニング」なので、ドリルなどを使うことはありません。 治療に痛みは伴いませんので、どうぞリラックスしてお受けください。また、当院では、患者様1人ひとりに担当の衛生士をお付けする「担当衛生士制」をとっています。 衛生士が治療の度に変わるようでは患者様とのコミュニケーションは満足に取れませんし、 何よりもベストな治療を提供することが難しくなってしまいます。 ベストな治療をご提供するためには、この担当衛生士制が重要になってくるのです。

PMTCのステップ

治療計画

治療計画

歯の染め出し検査などでお口の中を診査し、現在のお口の状態を説明します。 そして治療方針のご相談を行います。

歯石除去

歯石除去

専用の器具を使って細部にある歯石までも取ります。

歯の汚れや着色を除去

歯の汚れや着色を除去

重炭酸ナトリウム塩を専用の器具から吹き付けて、歯の表面のヤニや茶渋などの着色を取ります。

研磨によるツヤ出し

専用のジェル(フッ素配合)を使って、歯間や歯の表面を1本ずつ丁寧に磨きます。

フッ素塗布によるコーティング

仕上げにお口の中を洗い、歯質を強化するフッ素を塗布します。フッ素を歯の表面(エナメル質)に塗布します。 フッ素を塗布することで酸に対する歯の耐性を高めるとともに 、初期の虫歯なら治療することもできるのです。 この治療はフッ素を歯に塗っていくだけなので、もちろん痛みを感じることはありません。三好西山歯科クリニック(多摩区宿河原)では予防歯科に力を入れております。 「歯の健康を保ちたい!」とお考えの方は、ぜひ当院にお越しくださいませ!

PMTCに関して相談する

PMTCのご相談はメールでも承っております。お気軽にご連絡ください。